6月23日(火) | オンライン

『気候SWITCH』ラーニングジャーニー 第2回エミーとゼニーの銀行経営ゲーム ドローダウン エディション」

下のボタンから"switch"でログインください。 あなたが、 何気なく銀行に預けているおカネはどんなふうに運用され 、 どんなふうに社会を変えていくのでしょう。 夢を持つ起業家たちは、どうやってそのお金を手に入れた り、 手にできなかったりするのでしょう。 「エミーとゼニー銀行経営ゲーム」は、 銀行への預金や融資を通しての普段気にすることがないお カネと社会・環境の複雑なつながり体感するゲームです。 江上広行が開発し、これまでワークショップイベントのほか、企業、銀行、金融庁などの研修でも実施してきました 。 いつもはリアルで実施していますが今回はオンライン(ZOOM)で実施します
お申し込みの受付は終了しました。
『気候SWITCH』ラーニングジャーニー 第2回エミーとゼニーの銀行経営ゲーム ドローダウン エディション」

日時・場所

2020年6月23日 15:00 – 17:00
オンライン

イベントについて

そして、今回はこのゲームを気候変動をテーマにおいて「ドロー・ダウンエディション」として実施します。 米の環境活動家ポール・ホーケンが「ドローダウン」という地球温暖化対策を100のリストとしてまとめています。 今回は、環境問題やドローダウンにお詳しい大岩根尚さんが、硫黄島からご協力いただきます!

このゲームでは、みなさんが実際に起業家になって「ドローダウン」のリストのなかの新規ビジネスの事業計画を作成します。 ・すばらしいアイデアでも、テクノロジーをうまく活用しなければ、有望な事業とはなりません ・どんなに有望な事業でも、お金を調達できなければ事業はできません。 ・どれだけ資金を集めても、収益をあげなければ事業は持続しません。 そんな、複雑なテーマともむきあって地球温暖化対策を考えるチャレンジをしてみませんか。

銀行や金融、テクノロジー、そして環境問題について知識がなくても楽し んで参加することができます。 ・お金と社会・環境の関係について考えてみたい ・銀行と金融の基本を知りたい ・よくわからないけど、楽しそう ・STAY HOMEで暇で暇でしょうがない そんなみなさんは、是非ご参加ください!

対象: 気候変動に対して何らかのアクションを起こしたい、すでに起こしている人。 気候SWITCH グループメンバーおよび、その紹介者 ブナ林に行く!ということにワクワクする人

定員:特になし 参加費:¥3000/人

講師 江上 広行

1967年石川県金沢市生まれ。地方銀行、システム開発会社を経て2018年9月株式会社URUUを設立。 金融機関などの組織開発、リーダーシップ教育などの事業を営む。 2018年12月日本にバリューベースバンキングを普及させることを目的に、新田信行氏らとともに「価値を大切にする金融実践者の会」を発足。 2020年5月にその新田氏との共著で『誇りある金融』 (近代セールス社)を刊行。 趣味はサッカー観戦。

大岩根 尚

合同会社むすひ 代表社員九州大学、東京大学で地質学・海洋地質学を専攻して博士(環境学)の学位を取得。その後、国立極地研究所へ就職し、第53次南極地域観測隊として南極内陸部の調査に参加。 帰国後、2013年10月から三島村役場のジオパーク専門職員に。2015年にジオパーク認定取得後、2017年3月に三島村役場を退職。硫黄島に移住して「合同会社むすひ」を立ち上げ、自然ガイドや大学の実習受け入れ、教育・研究のサポートを続けている。 カードゲーム2030 SDGsファシリテーター。

このイベントをシェア