4月21日(火) | ホテルルポール麹町

NCB定例セミナー「いま金融サービスに求められる バリュー・ベース・バンキングの核心」

「あなたの大切な預金。預け先の金融機関がどこに融資しているかご存知ですか?」 みなさまはそんなことを考えたことがあるでしょうか?直接株式に投資する直接金融であれば投資先の顔がみえるので、自分のお金がどんなふうに使われているかを知ることはできます。みなさまのお金を預けている銀行は間接金融となるのでみえにくいのです。もしあなたの預けた大切なお金が環境を脅かす化石燃料の開発会社に融資されているとしたらどう感じるでしょう? 国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)の機運が国際的にも高まり、金融の分野でも日本の社会や環境に配慮したESG投資※が意識されるようになりました。しかし、間接金融として銀行が
お申し込みの受付は終了しました。
NCB定例セミナー「いま金融サービスに求められる バリュー・ベース・バンキングの核心」

日時・場所

2020年4月21日 15:00 – 17:00
ホテルルポール麹町, 日本、〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目4−3

イベントについて

■前半 講演(江上 広行氏)

1.銀行のビジネスモデルはどのように再定義されるべきか

2.「価値を大切にする金融」バリュー・ベース・バンキングとは

3.世界でのバリュー・ベース・バンキングの実践事例

4.バリュー・ベース・バンキングの日本での展開

■後半 トークセッション

(江上 広行氏 × NCB代表 佐藤 元則)

金融サービスを再定義する

バリュー・ベース・バンキングの核心に迫る

株式会社URUU 代表取締役 一般社団法人JPBV『価値を大切にする金融実践者の会』代表理事 江上 広行 氏

おひとり:23,000円+(消費税) ※3名様以降はおひとり:17,000円+(消費税)

【NCB正会員】 2名様まで無料ご招待! ※3名様以降はおひとり:9,500円+(消費税)

【NCB準会員】 2名様年1回、または1名様年2回まで無料ご招待! ※その他通常料金

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア